接待とは

接待とは

風俗営業の種類の接待飲食等営業の1号営業に

「接待」

という言葉がありますが、営業の種類を見分けるうえで重要な見分け基準となっています。

自分の営業のある行為が接待に当たるかどうかは、風営法に定義されています。

自分の感覚で接待に当たらないと思って許可を取り、のちにその営業のある行為が接待に当たり、許可の種類が違ったなんてことにならないように気を付けましょう!

ここでは、接待の定義からさらに進んで、具体的にどのような行為が接待に当たるのかを見ていきます。

接待の定義

接待というと、高級料理店やキャバクラなどで、お仕事での取引先の方をもてなすというイメージが一般的かと思います。

え?ゴルフやゲームとかで、相手にわざととはわからない程度に、負けてあげること(いわゆる接待プレイ)じゃないの?

と、別のイメージを持っている方もいると思います。

そうです。その人がいる業界や環境などによって接待という言葉は、人それぞれに変わってくるのです。

そして、接待はそれに当たるかどうかで営業の種類が変わる重要な言葉です。

そんな重要な言葉が、人それぞれの感覚で決められてしまうと、風俗営業の種類を分け、その種類ごとに許可や規制している趣旨が薄れてしまいますよね?

そこで、風営法ではきちんと定義がされています。

「接待」とは、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと。(風営法 第2条第3項)

堅苦しいですね。やわらかくしましょう。

接待の定義の意味

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律等の解釈運用基準

という、警察庁発表のものに具体的に載っています。

営業者やスタッフとの会話やサービスなど、それを通じて楽しい気持ちになったり、喜びを感じたいと期待して来店するお客さんに対して、その気持ちに応えるため営業者側の積極的な行為のこと。

そして、その行為が特定のお客さんに向けられていること。

簡単に言うと、特定のお客さん、またはそのグループに対して単なる飲食行為に通常考えられるサービスの提供を超える程度の会話やサービス行為等を行うことです。

この定義を前提に、さらに具体的な場面で接待について見ていきましょう!

 

接待の判断基準

キャバクラでお客さんの隣について、お酌をしたりお話をしたりしますが、これは接待に当たるでしょうか?

また、バーにおいて、オシャレなカクテルとマスターの粋なトークは接待に当たるでしょうか?

こちらも、解釈運用基準に載っています。

談笑、お酌等

特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為は接待に当たる。

キャバクラでの会話やお酌は接待?

キャバクラでは、お客さんの隣について(特定少数の客の近くにはべり)、お酌をしたりお話(談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為)をしたりします。

よって、接待に当たり、風営法の1号営業の許可が必要ということになります。

バーでの会話やお酒の提供は接待?

カウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為及びこれらに付随して社交儀礼上のあいさつを交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為は、接待に当たらない。

バーにおいては、カクテルを提供するときに、カクテルの説明をしたり、今日の天気についてお話をしたり、お仕事帰りですか?などから始まる世間話は大丈夫ということです。

ただし、これが特定のお客さんの近くにずっといて、世間話をえいえんと続けると、上のキャバクラの例のように接待に当たってしまう可能性があります。

接待に当たらない限りは、バーの場合、深夜における酒類提供飲食店営業の届出をすれば大丈夫です。

 

少しでもお役に立てましたか?

このページから離れる前に、

ページ上と下のシェアボタンをクリックして頂けると嬉しいです!

関連ページ

バーや居酒屋開業に必要!-飲食店営業許可ー

居酒屋開業ー必要な許可や届出とは?

メイドバー開業|メイドカフェとの違い

居酒屋開業ー照明が暗いオシャレな居酒屋の許可

お問い合わせ

お問い合わせは無料です。

ご自身の状況や周りの環境によって、どのような許可や届出が必要なのか、

何を準備すれば良いのか、等わからなくなることがあると思います。

 

そんな時に、お気軽にお手軽に、お問い合わせください。

 

お問い合わせは数種類用意しております。

お忙しい方が多いと思いますので、時間に左右されないお問い合わせ方法を

以下にあげましたので、ともだち感覚でお気軽にどうぞ!

①LINE-ラインによるお問い合わせ

LINE-ラインでのお問い合わせ始めました!

より、お手軽にお問い合わせが可能です。

お問い合わせ以外のメッセージはありません。

通知のオフ設定も簡単なので、追加してからの煩わしさはありません。

②メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください。

店舗の所在地(又は出店予定地) (必須)

お問い合わせの区分 (必須)
飲食店営業許可深夜酒類提供飲食店営業の届出インターネットカフェの届出その他

 

行政書士吉田達也事務所

電話:042-445-2285

8 コメント

  1. ピンバック : バーの開業☆営業時間 | やさしい風営法

  2. ピンバック : 接客従業者に対する拘束的行為の規制 | やさしい風営法

  3. ピンバック : 接客従業者に対する拘束的行為の規制ー防止措置 | やさしい風営法

  4. ピンバック : メイドカフェ開業ー風営法との関係 | やさしい風営法

  5. ピンバック : 居酒屋開業ー必要な許可や届出とは? – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  6. ピンバック : 相席居酒屋開業ー普通の居酒屋の許可だけで大丈夫? – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  7. ピンバック : メイドバー開業|メイドカフェとの違い – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  8. ピンバック : 風俗営業許可(キャバクラ・スナックなど)ー集めるべき書類 – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

コメントは閉じられています。