風営法とはー風営法の目的と営業の区分を通して

風営法とは、一般的に言われている略した言い方です。

正確には、以下のようになります。

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」

この長い法律名を短くして、風営法と呼んでいます。

 

法律名に風俗営業と書かれていますが、みなさん風俗と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

ほとんどの方が、ソープランドやデリヘル、ラブホテルなどをイメージされる方が多いかと思います。

しかし、これらは法律的には風俗営業には分類されていないのです。

 

対して、キャバクラは風俗営業になります。

バーも場合によっては風俗営業になるのです。

そうしたら、居酒屋はどうなるのでしょう?

どちらにしても、これらの営業は風営法の規制のもとにあります。

 

風営法は営業を区別して、それぞれに規制しています。

風営法の目的から、営業の区分を通して風営法を見ていきましょう!

 

風営法の目的

風営法1条にその目的が書かれています。

善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、<略>規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

ー風営法 第1条ー

まとめると、良い生活文化と少年の健全な育成に害のありそうな営業を規制する法律です。

 

風営法によって規制されている営業の区分

風営法の目的を達成するために、営業を区別し、その中でそれぞれに規制しています。

以下では、主な区分を挙げています。

ここで、風営法で規制している営業の区分のだいたいの枠組みを見ていきましょう。

風俗営業

風俗営業の種類というページで、風俗営業の中でさらに細かく区分されている種類それぞれの特徴を書いています。

キャバクラ、パチンコ屋、ゲームセンターなどは風俗営業にあたります。

そして、これらを営業するときは、都道府県公安委員会の許可を得る必要があります。

営業所の構造と設備、営業時間、騒音と振動、広告と宣伝、年少者の立ち入り、客引きなど規制をしています。

こういった規制と、営業者の努力によって、風俗営業の健全化につながっています。

参考ページ→風俗営業で守らなければならないこと

この中で重要なのが営業時間の規制です。

深夜、具体的には午前0時から午前6時までの時間は営業できません!

たとえば、接待に当たるので1号許可を取ったバーやスナックは営業時間が0時までとなってしまいます。

バーなど、お酒を出すところで、0時以降も営業したい場合、接待に当たらないように気を付けて、後で出てくる「深夜における酒類提供飲食店営業」の届出をします。

参考ページ→、バーの開業☆営業時間

性風俗関連特殊営業

こちらが、一般的にイメージされる風俗ですね。

ソープランドやデリヘル、ラブホテル。

ほかにも、アダルトショップや、インターネットによるエッチな映像を配信する営業など。

こちらは、営業するときには、公安委員会に届出をしなければなりません。

 

営業区域、広告と宣伝などをかなり厳しく規制しています。

客引き、18歳未満の者を客とすることを禁止しています。

このような規制と禁止で、十分な判断能力を有しない18歳未満の者を保護したり、売春行為を防止することにつなげています。

飲食店営業等

意外ですが飲食店も規制されています。

わかりやすいところでは、20歳未満の者に酒類やたばこを提供してはダメというのが風営法によっても規制されています。

参考ページ→

カフェバー開業ー許可や届出、資格について

バーや居酒屋開業に必要!-飲食店営業許可ー

深夜における酒類提供飲食店営業

こちらは、午前0時から午前6時までの、いわゆる深夜に酒類を提供する飲食店です。

風俗営業は午前0時を過ぎて営業をしてはいけませんが、深夜酒類飲食店営業は可能です。

こちらも、公安委員会に届出をします。

主にバーや居酒屋を深夜に営業するときには、届出が必要です。

 

良い生活文化を守り維持し、少年の心身に有害な影響を与え、その健全な成長を阻害する行為を防止するため、必要最小限度の規制を行っています。

参考ページ→

バーの開業☆届出について

バーの開業☆営業禁止地域

バーの開業☆お店の構造の規制

まとめ

以上、主な区分を紹介してきましたが、他にもストリップに代表される興行場営業など数種類の区分があり、さらにその区分から細分化され、それぞれに営業時間や営業所の構造、地域などが規制されています。

しかし、そのすべては風営法の目的を達成するための規制です。

風営法の目的を理解しておくと、規制の意図が理解しやすくなります。

意図せず、規制に反したり禁止行為をすることもなくなるでしょう。

少しでもお役に立てましたか?

このページから離れる前に、

ページ上と下のシェアボタンをクリックして頂けると嬉しいです!

お問い合わせ

お問い合わせは無料です。

ご自身の状況や周りの環境によって、どのような許可や届出が必要なのか、

何を準備すれば良いのか、等わからなくなることがあると思います。

 

そんな時に、お気軽にお手軽に、お問い合わせください。

 

お問い合わせは数種類用意しております。

お忙しい方が多いと思いますので、時間に左右されないお問い合わせ方法を

以下にあげましたので、ともだち感覚でお気軽にどうぞ!

①LINE-ラインによるお問い合わせ

LINE-ラインでのお問い合わせ始めました!

より、お手軽にお問い合わせが可能です。

お問い合わせ以外のメッセージはありません。

通知のオフ設定も簡単なので、追加してからの煩わしさはありません。

②メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは下記のフォームをご利用ください。

店舗の所在地(又は出店予定地) (必須)

お問い合わせの区分 (必須)
飲食店営業許可深夜酒類提供飲食店営業の届出インターネットカフェの届出その他

 

行政書士吉田達也事務所

電話:042-445-2285

 

1 コメント

  1. ピンバック : バーの開業☆禁止行為 | やさしい風営法

コメントは閉じられています。