バーの開業☆禁止行為

バーを開業するにあたって、風営法には禁止行為が設定されています。

風営法の目的から考えれば、なるほどなと思うことが多々あります。

注意すべき禁止行為5つ

①深夜における営業に関し客引きをすること。

客引きとは、特定の人に対してお店の客となるように勧誘することをいいます。

お店の客となるようにとあるので、お店の名前を告げずに、「飲み放題やってます」や「○○フェアやってます」などの声掛けの段階で、相手の反応を待っている状態では客引きには当たりません。

ただし、そうであっても②に紹介する行為には注意しなければなりません。

②①に関連する行為。

客引きをするために、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、またはつきまとうことです。

①のお店の名前を告げずに単なる声掛けの段階であっても、つきまとったりしていれば禁止行為に当たります。

 

また、解釈運用基準には、ホストクラブの従業者が、通行人の女性に、個人的な交際の申し込みや接客従業者の募集を装って声を掛け、その身辺に立ちふさがったり、つきまとったりしている場合についても、例えば、黒服を着てビラ等を所持しているなども、客引きに関連する行為として禁止行為に当たります。

大まかにですが、客観的に見て、客引きをするための行為と認められたらアウトです。

③18歳未満の者の特定の時間に客に接する業務に従事させること。

特定の時間とは、午後10時から翌日の午前6時までの時間です。

年齢の不知を理由にはできない

18歳未満の者の年齢を知らないことは、罰則を免れる理由にはなりません。

当然年齢の確認を取って働かせているでしょう?というスタンスですね。

ただ、過失のないときは、この限りではないとしています。

過失とは、簡単に言うと不注意のことです。

しっかり身分証明書などで確認を取り、コピーを取っておきましょう!

④18歳未満の者を特定の時間に営業所に立ち入らせること。

こちらも、午後10時から午前6時までの時間です。

ただし、保護者と共に客として入店する場合は大丈夫です。

⑤営業所で20歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること。

罰則

①と②の禁止行為に違反した場合は、6月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられます。

併科されることもあります。

③~⑤の禁止行為に違反した場合は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科せられ、これも併科の可能性があります。

まとめ

今回は主な注意点5つとそれに対応する罰則について紹介しました。

このほかにも、守らなければならない決まりがあり、それに反する場合は行政処分を受ける可能性があります。

関連ページ

バーの開業☆行政処分

バーや居酒屋開業に必要!-飲食店営業許可ー

バー開業☆ダーツバーなどゲーム機を置きたい場合の法律

メイドバー開業|メイドカフェとの違い

 

5 コメント

  1. ピンバック : バーの開業☆行政処分 | やさしい風営法

  2. ピンバック : 居酒屋などの客引きに関する規制 – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  3. ピンバック : 居酒屋開業ー必要な許可や届出とは? – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  4. ピンバック : バーの開業☆届出について – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  5. ピンバック : メイドバー開業|メイドカフェとの違い – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

コメントは閉じられています。