バー・居酒屋開業、防火管理者の選任

バーや居酒屋を開業する際、ある一定の条件を満たすと、防火管理者を選任しなければなりません。

防火管理者の選任

お店の収容人数が30人を超える場合、防火管理者を選任しなければなりません。

しかも、収容人数には従業員も含まれます。

そして、防火管理者を選任する場合、お店の大きさによって取得する種類が異なります。

延べ床面積
300㎡未満 乙種防火管理者
300㎡以上 甲種防火管理者

防火管理者は誰でもなれるものではなく、管理者として権限を有する者がなります。

一般的には、店長やオーナーがこれに当たります。

防火管理者の仕事

  • 消防計画書の作成・届出
  • 消火、通報および避難訓練の実施
  • 火器の使用または取り扱いに関する監督

その他にも様々な責務があります。

防火管理者の資格を取得するための講習

種類 日数
甲種防火管理者 2日
乙種防火管理者 1日

たいていの場合、延べ面積300㎡未満だと思われますので、乙種防火管理者の講習を受けることになります。

講習の申し込みは、消防署のHPから申請書をダウンロードするか、消防署の窓口で申請書に記入し、お近くの消防署で行うことが出来ます。

乙種防火管理者の講習の場合の費用は東京の場合、教材費が1500円です。

関連ページ

居酒屋開業ー必要な許可や届出とは?

バーや居酒屋開業に必要!-飲食店営業許可ー

バーの開業☆お店の構造の規制

飲食店・居酒屋・バーなどの店長や管理者の労働条件について

3 コメント

  1. ピンバック : カフェバー開業ー許可や届出、資格について – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  2. ピンバック : 居酒屋開業ー必要な許可や届出とは? – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  3. ピンバック : 居酒屋やバー、カフェなどの経営者が変わった場合の手続き – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

コメントは閉じられています。