居酒屋・バー開業ージャスラックの手続き

居酒屋で最近流行りの音楽で楽しい雰囲気に、バーでオシャレなBGMを流して大人な雰囲気のお店を創りたい。

そこで、自分の買ってきたCDなら大丈夫だと思い再生する。

しかし、たとえ自分が買ってきたCDでも、手続きが必要な場合があります。

どんな時に手続きが必要で、どのような手続きが必要なのか?

以下で紹介していきます。

居酒屋・バー開業ージャスラック

ジャスラックとは音楽の著作権を、著作者から委託され管理している団体です。

ですので、ジャスラックで管理している音楽を利用する際は、ジャスラックの手続きが必要になるということになります。

お店で流したい曲が管理されているのかどうかは、ジャスラックHPでご確認ください。

自分で買ったCDを再生するのはなぜ手続きが必要?

著作者には、上演権及び演奏権があるためです。

著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

ー著作権法 第22条ー

そのうえで、著作者から委託を受けているジャスラックに利用の手続きをして、使用料を払うという形になります。

そして、お店で自分の買ったCD等を再生して流すことを、ジャスラックではBGM利用として定義しています。

BGM利用とは?

お店や施設などでCDプレーヤーやパソコンなどを使って背景音楽(BGM)として録音物を再生して流す、あるいは有線音楽放送の再生機器やパソコンなどで有線音楽放送やインターネット配信による音楽を流す利用のことを「BGM利用」と呼んでいます。

ジャスラック

利用料金

主に店舗の面積によって料金が変わってきます。

500㎡までは6,000円。

1000㎡までは10,000万円。

面積が大きくなるほど、料金も高くなります。

上記は1年間の利用料金です。

1か月単位でも支払いが出来るようです。

詳しくはジャスラックHPへ。

好きな曲をCDや携帯音楽プレーヤーにコピーして再生する場合

上記の利用料とは別に手続きが必要で、また使用料が必要になります。

申請したのち、許諾番号とジャスラックのロゴマークを録音物に表示して利用します。

録音物についての手続きは、ジャスラックHPのCD・テープ・ICなど録音物の製作へ。

ジャスラックの手続きなしにBGMを流すには?

基本的には、ジャスラックに管理されている楽曲を利用する際には、利用料を支払う必要があります。

しかし、例外も存在します。

・有線音楽放送など、音源提供事業者と契約してBGMとして利用する場合。

この場合、事業者がジャスラックと手続きをして利用料を支払っているため、お店側で改めて手続き等をする必要はないということです。

しかし、中にはお店に代わって利用料をジャスラックに支払わないという契約の事業者もいますので、音楽提供事業者一覧でご確認ください。

・AM、FMラジオなどをそのまま流す。

上記と同じく、ラジオ局がジャスラックと手続きをしているため。

しかし、インターネットラジオの場合は例外のようです。

まとめ

手続きがめんどくさいのであれば、ラジオをそのまま流したり、有線音楽放送を利用したりするのもありでしょう。

しかし、お店の雰囲気に合う音楽、自分の好きな音楽、流行りの音楽を利用して、他のお店と差別化を図りたいという場合には、その楽曲がジャスラックの管理楽曲である際には手続きが必要になります。

利用料がかかるというデメリットがありますが、差別化を図れ、自らのモチベーションも上がるなどの効果もあるかと思います。

また、小さなことかもしれませんが、BGM利用の手続きをした際には、ステッカーが交付され、録音物の手続きをした際には、ロゴマークと許諾番号の表示をします。

これにより、入り口やお客さんから見えるところに掲げる際に、お客さんに対する信用形成にも役立つかと思います。

関連ページ

居酒屋開業ー必要な許可や届出とは?

居酒屋などの客引きに関する規制

居酒屋のお通し|法律的、経営的お話

2 コメント

  1. ピンバック : バーの開業☆届出について – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

  2. ピンバック : マンガ喫茶開業ー許可・届出 – 居酒屋・バーを始める、その前に。 開業への旗印

コメントは閉じられています。