居酒屋やバーなどの飲食店開業ー社員・アルバイトの有給休暇

居酒屋やバーなどの飲食店開業

従業員の有給休暇

一般的な社員に有給休暇があるのは知ってるけど、アルバイトでも有給休暇があるのは知らなかったという方は多いと思います。

このページでは、有給休暇の基本から、アルバイトが有給休暇を取得する場合の日数など解説していきます。

有給に関する法律

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

ー労働基準法 第39条第1項ー

この労働者には、パートやアルバイトも含まれます。

ですので、6か月継続して勤務していて、その期間8割以上出勤していれば、パートやアルバイトであっても有給休暇を取得できます。

また、継続年数によって下記のように有給休暇の取得日数が変わります。

雇い入れからの日数 有給休暇の日数
6カ月 10日
1年6カ月 11日
2年6カ月 12日
3年6カ月 14日
4年6カ月 16日
5年6カ月 18日
6年6カ月以上 20日

上記の有給休暇の取得日数は通常の労働者のものです。

通常の労働者とは、週の労働時間が30時間以上、または、週5日の労働日数の者を言います。

ですので、パートやアルバイトであっても、この条件をクリアすれば通常の労働者と同じ日数の有給休暇が与えられます。

ただし、パートやアルバイトの場合、通常の労働者と違い週所定の労働日数が少なかったり時間が短かったりします。

その場合、労働契約による労働日数によって、有給休暇の日数が変わってきます。

パートやアルバイトの有給休暇の日数

1週間の労働日数→ 1日 2日 3日 4日
雇い入れからの日数↓
6カ月 1日 3日 5日 7日
1年6カ月 2日 4日 6日 8日
2年6カ月 2日 4日 6日 9日
3年6カ月 2日 5日 9日 10日
4年6カ月 3日 6日 9日 12日
5年6カ月 3日 6日 10日 13日
6年6カ月以上 3日 7日 11日 15日

太字が有給休暇の日数です。

週3日で働いているアルバイトが6カ月継続して勤務して、その期間8割以上出勤した場合、5日の有給休暇を与えなければならないということになります。

また、有給休暇は繰り越すことができます。繰り越すことが出来るのは前年分の有給休暇になります。

有給休暇の計画的付与

有給休暇は、計画的に付与することも出来ます。

例えば、閑散期にスタッフ全員に付与したり、いわゆるアニバーサリー休暇というもので、スタッフの誕生日や結婚記念日などの予め決められた日の前後に付与したりする企業もあります。

注意点としては、各自の有給休暇の日数のうち5日は労働者が自由に使える有給休暇として残さなければなりません。

突然の病気やその他どうしても休まなければならない時のためです

計画的付与には、就業規則の作成と労使協定が必要です。

有給休暇の取得の申請を受けたがお店が忙しい時

有給休暇の取得の申請を受けたが、時季や希望日が繁忙期であったり、代わりの人がいなかったり事業の正常な運営を妨げる場合、時季変更権といって、別の時季にずらすよう求めることが出来る権利があります。

ただし、慢性的な人手不足のために時季変更権を行使し続けるのは避けましょう。

正常な運営を行える人員の確保は、使用者が常に努力していかなければならないことで、認められえない可能性があります。

有給休暇を使ってホワイトなイメージへ

経営する側としては、人件費が増えるので有給休暇はやっかいなものと捉えがちですが、法律で与えなければならないと決まっているなら、せめてプラスに有効に使いましょう。

居酒屋やレストランなどの飲食店などは、忙しい・きついというイメージが多いかと思います。

そのうえ、ブラック企業問題があり、ブラックバイトのイメージがついてきて、人手不足で募集をかけてもなかなか応募が来ない、来てもすぐ辞めるなど労働管理が大変だと思います。

そこで、有給休暇を活用してホワイトなイメージをアピールするのはどうでしょう?

アルバイトで有給休暇を貰えるというのはなかなかないので、アルバイトから紹介が増えたりする可能性もあります。

また、有給休暇を貰えるまで6カ月は継続して勤務しなければなりませんし、勤続年数が増えれば有給休暇も増え、すぐ辞めるアルバイトが少なくなる可能性もあり、新人に対する教育が少なくなり、慣れによる職場の生産性が向上します。

全労働日の8割の出勤が条件なので、バックレや無断欠勤のリスクも減らせます。

新人募集のために広告費を出すより、仕事に慣れた優秀なアルバイトを手放さないために費用を割くという選択肢もありなのかもしれません。

有給休暇の計画的付与などを使い、有効に有給休暇制度を使っていきましょう。

関連ページ

居酒屋やバーなど飲食店開業ー社員・アルバイトの休日

居酒屋・バーなどの飲食店開業ー社員・アルバイトの労働時間や休憩など

飲食店開業ー社員・アルバイトの採用時の労働契約書の重要性

居酒屋開業ー必要な許可や届出とは?